福島民報に掲載されました

浪江町の田植えの記事を福島民報が掲載してくれました。

県外の私が県民の欄に載って良いのか悩みましたが、誰かが伝えないことには福島県産の農産物や風評被害は払拭できないと思いました。

風化しつつある「原発被災地」という言葉もそのまま掲載され本当にありがたいです。 福島県の皆さんが喜んで頂けるよう、被災地活動をがんばって継続していきます。